天王寺でバイアグラが手に入る薬局を利用した結果

妻も「すごい」と大満足をしていて、夫婦仲が今までよりも良くなっています

さて、少し話が反れますが、バイアグラというのはもともとは、心筋梗塞を治療するための医薬品だったことはご存じでしょうか。
1980年にアメリカの製薬会社が開発をおこない、病院で処方をされてきました。
この時、男性が服用すると男性機能が著しく高まることを臨床実験で証明をされたことで、今では男性機能改善薬としても活用をされているわけです。
つまり、薬局で処方をする場合も医薬品である以上、問診を避けられないということになります。
日本では1998年に厚生労働省が認可を下ろしており、気軽に手に入るようになりました。
天王寺の薬局では1回の購入で5錠までと制限を設けていますが、効能でいえば5錠で十分です。
日本人男性だと1回につき5ミリグラム程度でも1時間以上の持続時間を手に入れられます。
1錠が10ミリグラムなので、半分に割って服用をしており毎月1回天王寺に行って調達をしています。
5錠で2500円で購入をしており、決してお安い金額とは言えません。
しかし、バイアグラを飲むようになってからは、30代のころのような気持ちを取り戻すことができました。
今まで感じられなかったエクスタシーを体感でき、久しぶりにわが人生に青春が戻ってきた気分です。
妻も「すごい」と大満足をしていて、夫婦仲が今までよりも良くなっています。

50歳を過ぎたころから、男性機能の低下を実感するようになりました / 私が天王寺の薬局に通って得た結果をお話していきましょう / 妻も「すごい」と大満足をしていて、夫婦仲が今までよりも良くなっています